アスペルガー症候群

適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~

アスペルガー症候群

アスペルガー症候群は、自閉症傾向を持つ発達障害で、精神疾患というカテゴリには含まれません。

しかし、その特徴から、精神疾患と非常に間違われやすいので、ここで触れておきます。

アスペルガー症候群の人たちは、先天的と言っても過言ではないほど、人との交流が苦手です。

発達障害における重要な特徴として、

  • コミュニケーション能力の欠如
  • 社会性の欠如
  • 想像力の欠如

が挙げられます。

例えば、「空気を読む」という言葉がありますが、アスペルガーの人たちにはそれができず、言葉通りの意味に捉えてしまいます。

想像力がないので、言葉に含まれる真意を汲み取ることができず、それ故、対人関係がままならない状態になります。

このような発達障害は、親がいくらきちんと教育しても、治ることがありません。

アスペルガー症候群の人は、社会に出ても苦労します。

人とコミュニケーションが取れず、上司の言うことが理解できず、結局社会がイヤになってしまうのです。

ですから、登校拒否、出社拒否に陥りやすいといわれています。

しかし、これは言うまでもなく、「適応障害」とは違います。

社会に対する適応能力が希薄でも、その原因になっているものが異なることは、一目瞭然です。

アスペルガーの人たちは、周りから理解されずに苦しみ、そのことで、本当に精神疾患になるケースも多いといわれています。

スポンサードリンク

適応障害の定義と症状

適応障害の原因

適応障害の類似症状・合併症状

適応障害克服に向けて

主な心理療法

自分でできること

雅子さまと適応障害

パリ症候群 <留学・海外赴任前の方に>

copyright 2012-2015 適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~ All Rights Reserved.