解離性障害

適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~

解離性障害

解離性障害は、いわゆる「多重人格」と呼ばれるものです。

軽度のものでは、記憶喪失などがあります。

記憶喪失は、現実として捉えたくない事柄において、その現実逃避手段として出る症状であると言われています(原因はまだはっきりと解明されていない)。

現存の自分自身が体験したことなのに、全く覚えていない状態が特徴です。

そのほか、「気付いたら○○していた」というように、自分とはあたかも無関係なところで、何かをしてしまうこともあります。

重度になると、「別人格」を持ったかのように、普段の自分とは全然違う行動や言動をするようになり、そこで犯罪のような重大なことをしても、覚えていないということもあります。

このような場合は、自分の「別人格」が手に負えず、そのことがストレスになり、うつなどの症状を併発させる原因になります。

解離性障害の原因は、主に幼少期に抱えた大きなストレス(両親の離婚や暴力、いじめを受けた経験など)が原因になっていることが多いようです。

辛く、強烈な経験を幼少期に経験しても、子供ならストレスへの耐久能力がまだ養われていません。

ですから、より大きなストレスとして記憶に刻まれ、後に別人格を形成する要因になるのだと思われます。

適応障害と比べると、その障害の内容が全く異なるように思われますが、大きなストレスを抱えた経験により、精神疾患に発展する点は共通しています。

スポンサードリンク

適応障害の定義と症状

適応障害の原因

適応障害の類似症状・合併症状

適応障害克服に向けて

主な心理療法

自分でできること

雅子さまと適応障害

パリ症候群 <留学・海外赴任前の方に>

copyright 2012-2015 適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~ All Rights Reserved.