強迫性障害

適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~

強迫性障害

強迫性障害は、強迫観念があまりに大きい為に日常生活がままならなくなり、精神疾患に発展する障害です。

「強迫観念」とは、脳裏に焼き付いて離れない、不快な観念のことで、その観念を振り払うために異常行動を起こします。

例えば「不潔恐怖症」という人がいますが、この場合、電車内の吊り革が汚くて触れない、体や髪が汚いと思い込み、何度もシャワーを浴びてしまうという行動を起こすことが考えられます。

ほかの例を挙げると、戸締りをしてから家を出たのに、本当に玄関の鍵をかけたかが心配で何も手につかず、結局、帰宅するまで、鍵のことに囚われる、ということもあります。

一つのことに執着しすぎて、そのことで集中力を失う、若しくはその執着を打ち消すために、様々な手段を講じることが、強迫性障害の典型的な症状です。

物事に対する執着心が尋常ではなくなると、今度はうつなどを併発させていきます。

心のどこかで「自分は不潔ではない」とわかっていながら、別のどこかで「自分は不潔である」という強い考えから逃れられず、そのようなことが大きな葛藤を引き起こします。

言うまでもなく、日常生活において、決して「気楽」になることができません。

また、これらの観念が新たなストレスを生み出していきます。

私たちも日常の中で、過剰に心配して損をすることがありますが、そのような状態を放置することで、生活が全く機能しなくなる可能性があるのです。

スポンサードリンク

適応障害の定義と症状

適応障害の原因

適応障害の類似症状・合併症状

適応障害克服に向けて

主な心理療法

自分でできること

雅子さまと適応障害

パリ症候群 <留学・海外赴任前の方に>

copyright 2012-2015 適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~ All Rights Reserved.