心身症

適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~

心身症

心身症とは、精神的ストレスが要因となって起こる、身体疾患のことです。

一番典型的な例として、胃潰瘍が挙げられますが、ほかにも以下のものが心身症の症状として挙げられます。

  • 胃腸炎
  • 十二指腸潰瘍
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 不整脈
  • 頻脈
  • アトピー性皮膚炎
  • 偏頭痛
  • 円形脱毛症
  • 喘息
  • 月経不順
  • 顎関節症
  • 腰痛
  • 狭心症

勿論、これらの中には、心身症とは関係のない原因で症状が出るものもあります。

腰痛は、運動の仕方に問題があれば起こり得ますし、糖尿病は、先天性の場合もあります。

高血圧は、食生活と密接に関わっていることも多いでしょう。

しかし、これらの症状の原因が、極度のストレスによって出現する可能性があるのです。

これらのものは、薬物療法や手術で、一時的に回復することが可能です。

しかし、ストレスによって引き起こされている場合、そのストレスに遭う度に症状がぶり返し、慢性化していきます。

「適応障害の主な症状」項目で挙げた胃潰瘍が一番わかりやすい例ですが、「手術=胃潰瘍の根治」にはならないのです。

対症療法として薬物療法が効果を発揮することもありますが、基本的に、これらの心身症は、ストレス源から解放されることで、初めて克服できるものと思われます。

ですから、薬に頼っても全く良くならず、生活全般の見直しが必要です。

そうしないと、いつまでも症状が続くことになります。

スポンサードリンク

適応障害の定義と症状

適応障害の原因

適応障害の類似症状・合併症状

適応障害克服に向けて

主な心理療法

自分でできること

雅子さまと適応障害

パリ症候群 <留学・海外赴任前の方に>

copyright 2012-2015 適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~ All Rights Reserved.