カウンセラーの役目

適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~

カウンセラーの役目

心理療法の際に必ず必要になるのが、「カウンセリング」です。

レントゲンや採血である程度の症状を把握できる身体疾患と違い、適応障害を含む全ての精神疾患では、「対話」が全てです。

対話なしでは、全く症状は改善しません。

「カウンセリング」とは、専門家との「話し合い」であり、「相談の場」でもあります。

カウンセラーは、患者から得た情報を使って、

  • 根本的問題を探し出す
  • 本人の個性に合った対策を決めていく

といったことをしていきます。

カウンセラーは、患者にはない、様々な知恵と経験を持っているので、まずは臆することなく問題をさらけ出してみることが必要です。

但し、対話の場面で最も大切なのは、「相性」です。

患者の中には、カウンセラー(若しくは精神科医などの専門家)との会話内容に疑問を持ったり、理解されていない、という不安を持ったりする人もいます。

その際には、カウンセラーや医療機関を変えるのも一つの策になります。

会話をしながら、

  • 友達になれるかどうか
  • 信頼できるかどうか
  • 安心感を得られるかどうか

などに注意してみましょう。

どのカウンセラーも最初に言うと思われることは、「休養をしなさい」という内容のことです。

適応障害を根治することに専念したい場合は、まず対話の時間をゆっくり取ることも考慮しながら、会社や学校などを休む計画も立てることをお勧めします。

スポンサードリンク

適応障害の定義と症状

適応障害の原因

適応障害の類似症状・合併症状

適応障害克服に向けて

主な心理療法

自分でできること

雅子さまと適応障害

パリ症候群 <留学・海外赴任前の方に>

copyright 2012-2015 適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~ All Rights Reserved.