適応障害の診断基準

適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~

適応障害の診断基準

一般的に、適応障害の診断をする際には、「DSM-IV」(米国精神医学会による)と「ICD-10」(WHOによる)という診断基準が広く利用されています。

特に「DSM-IV」の方は、世界各国で広く用いられており、様々な医療機関でも、この診断基準を採用することが多いようです。

DSM-IV

少し難しい表現もあるかも知れませんが、まず「ストレス因子」とは、ストレス源のことです。

診断基準で何よりも肝心なのは、この「ストレス因子」の存在です。

「ICD-10」でも、ほぼ同じような内容のことが問われますが、大きなポイントは、

1.はっきり自覚できる大きなストレス源がある。

2.そのストレスを体験した後に、体調不良や精神状態悪化が顕著に見られるようになった。

この2つでしょう。

この2つの部分で自分にはっきりした自覚があれば、適応障害を大いに疑ったほうがいいと思われます。

但し、これらの診断基準は、あくまで診断を下す側の基準にしかなりません。

このような診断基準を自分なりに分析し、適応障害であるか否かを判断せず、きちんと心療内科や精神科で診てもらってください。

ネット上では、様々なストレス診断テストや心理テストがあり、確かにその中の多くは、専門医が提供しているものです。

しかし、それらの結果だけに左右されないようにしてください。

スポンサードリンク

適応障害の定義と症状

適応障害の原因

適応障害の類似症状・合併症状

適応障害克服に向けて

主な心理療法

自分でできること

雅子さまと適応障害

パリ症候群 <留学・海外赴任前の方に>

copyright 2012-2015 適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~ All Rights Reserved.