雅子さまの病状・症状

適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~

雅子さまの病状・症状

雅子さまは、どのような症状を辿っているのでしょうか?

まず、雅子さまが公の場所に出る機会がなくなってしまい、その表情を見ることすら難しくなっているので、主治医以外の専門家も、憶測でしか言えないことの方が多いようです。

それに加え、宮内庁と東宮(皇太子一家居住地を管轄)の連携がままならず、結局国民が納得する発表には至っていません。

ただ、愛子さまの運動会に参加され、笑顔で娘を応援する幸せそうな姿は、色々な場所で報じられました。

また、私的旅行で、皇太子ご一家がオランダに行かれた時にも、エネルギーに満ち溢れ、本当に幸せそうだった、といいます。

それでは、雅子さまは、本当に「心が病んで」いるのでしょうか?

その疑問に誰もがぶち当たり、また度重なるメディアの安直な内容の記事により、「適応障害」そのものがどのようなものなのか、いまだ一般人に広く知れ渡ることがありません。

それ故、「雅子さまは元気そうなのに仕事をしない」という一般人の見方まで出てきてしまいました。

しかし、「ストレス源を離れ、趣味などに時間を割き、まずは休養することが第一」とされる適応障害において、主治医が「行動療法の一環として」雅子さまをそのように導いていることは、あまり知られていません。

最近は、あくまで治療の一環として趣味を多くされるようになり、プライベートショットが目立つようになったものと思われます。

スポンサードリンク

適応障害の定義と症状

適応障害の原因

適応障害の類似症状・合併症状

適応障害克服に向けて

主な心理療法

自分でできること

雅子さまと適応障害

パリ症候群 <留学・海外赴任前の方に>

copyright 2012-2015 適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~ All Rights Reserved.