パリ症候群 <留学・海外赴任前の方に>

適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~

パリ症候群 <留学・海外赴任前の方に>

ここでは特別編として、これから海外に留学される方、或いは海外赴任をされる方に向けて、現地で悩むであろう適応障害の種類について説明します。

というのは、移住というのは、昔から適応障害と関連性の深いものであり、その適応障害は、「パリ症候群」という名前で呼ばれているくらい、精神疾患として認知されているからです。

会社の命令で海外赴任する人は、「やむを得ない」といった感じで、ある人は外国生活を楽しみにしても、多くの人が「めんどくさい」「大変だなぁ」と思うでしょう。

一方、自分の意思で米留学、仏留学を決めた人たちは、希望に満ち溢れ、現地での生活を楽しみにしているに違いありません。

しかし、留学と海外赴任のいずれにしても、「パリ症候群」に類する適応障害にかかる可能性があります。

何故なら、その国の歴史的背景、公用語、食文化など、全てにおいて日本での生活と異なり、その中で全てをやりくりをしていかなくてはならないからです。

異文化で暮らせば、精神的疲労が蓄積するのはある意味当然のことです。

しかし、そこから復活して現地での生活を楽しく過ごせるか、或いは精神疾患になって帰国するか、それはその人次第です。

ここでは、外国生活で共通して抱える問題について、またその問題にどのように取り組むべきか、についてお話します。

スポンサードリンク

適応障害の定義と症状

適応障害の原因

適応障害の類似症状・合併症状

適応障害克服に向けて

主な心理療法

自分でできること

雅子さまと適応障害

パリ症候群 <留学・海外赴任前の方に>

copyright 2012-2015 適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~ All Rights Reserved.