リラクゼーション

適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~

リラクゼーション

リラクゼーションとは、緊張のほぐれた状態です。

体は、過剰なストレスを感じたり、緊張した時には硬直し、血液の流れが悪くなり、健康を阻害します。

一方、緊張から解き放たれると、穏やかな気持ちになり、寝付きも良くなります。

体はリラックスすることで初めて日常のストレスから解放され、またストレスから解放されると、体は自然にリラックスするのです。

ですから、自分が安らかになれるものを見つけておくことは、日頃のストレス緩和には重要になります。

リラクゼーションには、以下のような方法があります。

マッサージ

血行を良くすることで健康状態が改善し、ストレスを取り除きます。

また、ツボを押された時の快感は、「プラシーボ効果」(偽薬効果)と呼ばれ、脳にいい影響を与えます。

アロマテラピー

良い香りは、人の心を穏やかにします。

また、例えばラベンダーには止血作用があるという風に、医療分野での効果も認められています。

音楽

リズムが激しいものは逆に脳を活性化させ、不眠などの原因にもなりますが、ゆっくりした音楽を聴くと、アルファ波(リラックスした状態の時に出る脳波)のリズムが整いやすくなり、気分が落ち着きます。

人にとって、緊張と緩和のバランスを保つことは、ストレス軽減最大のポイントとなります。

ですから、1日の終わりには、必ず心身共に「緩和」をし、質の良い眠りを取るように心がけてください。

スポンサードリンク

適応障害の定義と症状

適応障害の原因

適応障害の類似症状・合併症状

適応障害克服に向けて

主な心理療法

自分でできること

雅子さまと適応障害

パリ症候群 <留学・海外赴任前の方に>

copyright 2012-2015 適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~ All Rights Reserved.