セロトニン症候群に注意

適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~

セロトニン症候群に注意

適応障害は、ストレスが原因で発症するものです。

ですから、ストレスを溜めないために、脳内に平和をもたらす「セロトニン」の分泌促進が必要なのですが、セロトニンが増えすぎると、「セロトニン症候群」という病気になってしまいます。

「セロトニン症候群」とは、脳内でセロトニンが増えすぎたことで、発熱、下痢、頻脈などの症状が出る疾患のことです。

セロトニン症候群ではそのほかに、以下のような症状が出ることが考えられます。

  • 手足が勝手に動く
  • 眼球が勝手に動く
  • 興奮状態になる
  • 震える

など。

また、不安が増し、苛々するなどの、精神的な変化も現れます。

勿論、食生活や運動などをしてセロトニン分泌促進を図る分には、問題がないものと思われます。

セロトニン症候群にかかる主な原因は、薬物の過剰摂取です。

適応障害を初めとした様々な精神疾患において、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という種類の薬が頻繁に投与されます。

しかし、心の安定を求めるがあまり、こういう薬を過剰摂取する人が多いのです。

また、処方が得られないと、トリプトファンなどのサプリを大量に飲み続け、セロトニン症候群になるという例もあるようです。

脳内は、全ての分泌物がバランスを保つことが理想とされます。

不足しているものを補うことは良いことなのですが、不足していないものを敢えて補うようなことは、決してしないようにしましょう。

スポンサードリンク

適応障害の定義と症状

適応障害の原因

適応障害の類似症状・合併症状

適応障害克服に向けて

主な心理療法

自分でできること

雅子さまと適応障害

パリ症候群 <留学・海外赴任前の方に>

copyright 2012-2015 適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~ All Rights Reserved.