サプリを有効活用

適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~

サプリを有効活用

ストレス耐性に大きく関係するセロトニンは、サプリメントによって得ることも可能です。

セロトニンは、「トリプトファン」という物質からできています。

しかし、トリプトファンだけではセロトニン生成には至らず、トリプトファンをセロトニンにするには、ビタミンB6が必要です。

つまり、この2種類を摂取することで、初めてセロトニン分泌効果が得られるのです。

日本では、トリプトファンとビタミンB6をそれぞれ単体で入手するのが困難です。

海外通販を利用する、という方法もありますが、ビタミンBを総合的に摂れる「ビタミンB群」というサプリは比較的良く売られているので、それで代用できると思います。

トリプトファンは必須アミノ酸の一種なので、アミノ酸系サプリを摂取すると良いでしょう。

但し、サプリとは元々、食事の補助的役割程度のものです。

本来なら、規則正しい食生活の中で、これらの栄養も補っていくことが理想とされます。

次に、最近日本でもなじみ深くなってきたハーブ「セント・ジョーンズ・ワート」について説明します。

セント・ジョーンズ・ワートは、ハーブということで、天然由来のものです。

このハーブには、脳内ホルモンをバランスよく調節する役割があり、ストレス解消、うつ症状改善などの効果があることが実証されています。

今は街中の薬局で気軽に手に入るようになったので、利用してみるのも良いでしょう。

スポンサードリンク

適応障害の定義と症状

適応障害の原因

適応障害の類似症状・合併症状

適応障害克服に向けて

主な心理療法

自分でできること

雅子さまと適応障害

パリ症候群 <留学・海外赴任前の方に>

copyright 2012-2015 適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~ All Rights Reserved.