適応障害の主な症状~精神面での症状~

適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~

適応障害の主な症状~精神面での症状~

適応障害になると、精神面では下記のような苦痛に見舞われる可能性があります。

  • 抑うつ状態
  • 無気力
  • 虚無感
  • 悲壮感
  • 絶望感
  • 不安感
  • 苛々感
  • 焦り
  • 自信喪失
  • その他

普段の自分では考えられないこれらの症状が急に現れ、また持続していれば、適応障害の可能性があります。

また、これらの症状は、男女関係なく、また大人・子供の差もなく、誰にでも起こり得ます。

まず、人間社会において、「対人関係」は欠かせないものです。

学校教育に然り、社会生活に然り、私たちの生活では他人とのチームワークは欠かせない要素です。

もし、転職を機に適応障害の症状が出始めた場合、その状況が変わらない限り、問題は解決しません。

そうすると、会社に居る間に慢性的なストレスを感じる、周りに溶け込めないことで焦燥感を感じる、会社仲間から孤立し、孤独感が強まる、などの情緒面での変化が顕著になるのは当然のことです。

その状態が悪化していけば、慢性的な抑うつ状態にも繋がり、うつ状態が長引けば、食欲不振や不眠症にも繋がります。

何よりも、根本的問題が解決していないので、自分でいくら「前向きに」と奮起しようとしても、自分の適応能力を越えている場所では不可能です。

そして、無理が重なれば精神疲労は蓄積し、それが、不適切な場所での怒りの爆発、などということも引き起こしていきます。

スポンサードリンク

適応障害の定義と症状

適応障害の原因

適応障害の類似症状・合併症状

適応障害克服に向けて

主な心理療法

自分でできること

雅子さまと適応障害

パリ症候群 <留学・海外赴任前の方に>

copyright 2012-2015 適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~ All Rights Reserved.