雅子さまのキャリア

適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~

雅子さまのキャリア

皇室に入られて数年後に、精神疾患のような症状を患い始めた雅子さまは、宮内庁で、外務省時代のキャリアに対する軽視発言があったりしたことで、相当心を傷めたものと思われます。

元々、雅子さまはエリート中のエリートで、1985年、21歳の若さで、米ハーバード大学を卒業しています。

日本では東大に編入してそこも卒業、英オックスフォード大学にも留学をされていたということですから、並ならぬ知的水準を誇る人であることは、間違いありません。

そして、外国生活で培った国際性を生かし、1990年(26歳の時)に、外務省内にある部署・北米局に配属され、以後皇室に入るまで、外務省でキャリアを磨き続けていました。

その勉学、仕事に対するエネルギーの注ぎ方が桁外れに大きかったこともまた、誰もが想像できることだと思います。

雅子さまは、心から勉学を愛し、外務省での仕事にプライドを持ってこなしていたのだと思います。

しかし、1993年に、皇太子の妃になることが内定し、そこから雅子さまの人生は激変します。

元々、これだけの素質とエネルギーを持った人ですから、存分にエネルギーを発揮できる場所がなかったことで、ストレスが急激に蓄積されていったのだと思われます。

外務省と皇室は、別次元での生活に等しい、といえるに違いありません。

その中で、雅子さまが精神的に苦労され、体調を崩されることも、無理はないように思います。

スポンサードリンク

適応障害の定義と症状

適応障害の原因

適応障害の類似症状・合併症状

適応障害克服に向けて

主な心理療法

自分でできること

雅子さまと適応障害

パリ症候群 <留学・海外赴任前の方に>

copyright 2012-2015 適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~ All Rights Reserved.