外国で陥る適応障害の過程

適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~

外国で陥る適応障害の過程

外国での生活で適応障害になるとき、どのような過程を辿るのでしょうか?

ここでまず、一般的な、外国生活に順応する人々の心理をまとめてみたいと思います。

1.初期

現地の光景も料理も何もかもが新鮮で、気分が高揚すらします。

まるで外国旅行に来たような満足感もあるかもしれません。

2.5月病的時期

現地に少し慣れてくると、今度は現地の悪い点ばかりが目につくようになります。

対人関係での不満や公共機関への不満などが募り、更に自分自身のアイデンティティにおいても非常に不安定になっている時期です。

3.適応の時期

不満や精神疲労を乗り越えると、今度は本格的に現地生活に適応していきます。

その国の悪い点も「この国はこうだから、仕方ない」と割り切るようになり、自分らしく生活を楽しむ方法も見つけていきます。

このようなプロセスが通常ですが、「パリ症候群」と呼ばれる適応障害にかかる人は、「2」でつまづきます。

現地のマイナス部分だけを取り上げてストレスを感じるようになるだけでなく、被害妄想的に「自分は現地の人から悪口を言われている」「自己主張ができない」「何でこんなに頑張っているのに馴染めないんだろう?」と、自分を責める気持ちが大きくなります。

その結果、不眠症や食欲不振、胃痛などに悩まされるようになったら、適応障害を疑ったほうがいいと思われます。

スポンサードリンク

適応障害の定義と症状

適応障害の原因

適応障害の類似症状・合併症状

適応障害克服に向けて

主な心理療法

自分でできること

雅子さまと適応障害

パリ症候群 <留学・海外赴任前の方に>

copyright 2012-2015 適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~ All Rights Reserved.